<分類一覧へ戻る

6.狂言

 ・ 以下の各資料のリンクから詳細画像をご覧いただけます。

 ・ 表題あるいはリンクの括弧( )内は資料数あるいは資料内の画像数を表示しています。

  • 天正狂言本  (109)
    画像
    • 分類: 狂言
    • 所蔵: 能楽研究所蔵
    • 解題: 162×211ミリの袋綴横本。現存する最古の狂言台本。天正六年の奥書あり。室町期の演出を伝える貴重な資料。

    (以下は、各ページに翻字と釈文の比較表示のリンクが付いています。この表示には、Flash Player が必要です。)

    1. 天正狂言本  (109)  [翻字・釈文 付]
  • 大蔵虎清「しきさんばんあいきやうげん」  (1)
    画像
    • 分類: 狂言
    • 所蔵: 法政大学鴻山文庫蔵
    • 解題: 紙高173ミリの巻子本。安田文庫旧蔵。大蔵虎清が次子の清虎に相伝した式三番と狂言・間狂言の大事を記したもの。署名は虎清の自筆で、その筆跡には病気のための震えが見られる。本文は清虎筆。
  • 寛永・正保年間「大蔵虎清・虎明文書」  (1)
    画像
    • 分類: 狂言
    • 所蔵: 法政大学鴻山文庫蔵
    • 解題: 紙高291ミリの巻子本。安田文庫旧蔵。大蔵虎清が次子の清虎に与えた文書六通を一巻に仕立てたもの。相続や伝授に関わる内容で、狂言史の資料として貴重。虎清自筆の文書の筆跡には筆の震えが顕著で、病中の筆であることが窺える。
  • 名女川本狂言台本・伝書 (9)
    画像
    • 分類: 狂言
    • 所蔵: 能楽研究所蔵
    • 解題: 袋綴横型中本(台本各冊130×190ミリ前後、伝書各冊122×170ミリ前後)の鷺伝右衛門派の狂言伝書で、同派最古の享保保教本と幕末の常磐松文庫本(実践女子大学蔵)の中間に位置する『宝暦名女川本』の新出資料。笹野堅氏旧蔵。台本7冊と伝書2冊(『鷺流間狂言口伝書』『名女川六右衛門手記』)の計9冊で、台本の内訳は下記の通り。本狂言2冊(『盗類雑』25曲、『遠雑類』30曲)、本狂言抜き書き1冊(『本書綴外物』86曲)、間狂言4冊(『脇末鱗』50曲、『語立雑』50曲、『真替間』68曲、『遠応立』102曲)。稀曲を含み、豊富な注記もある。檜書店蔵の『宝暦名女川本』と、本資料を合わせ見ることにより、筆者・成立年代の再検討ならびに『宝暦名女川本』の全体像の見直しが可能となる点で貴重。
    1. 盗類雑 (110)
    2. 遠雑類 (81)
    3. 本書綴外物 (101)
    4. 脇末鱗 (97)
    5. 語立雑 (103)
    6. 真替間 (177)
    7. 遠応立 (139)
    8. 鷺流間狂言口伝書 (37)
    9. 名女川六右衛門手記 (62)
  • 名女川家番組留帳 (12)
    画像
    • 分類: 狂言
    • 所蔵: 法政大学鴻山文庫蔵
    • 解題: 各冊123×173ミリ前後の袋綴横型中本。寛政から天保期の江戸城、勧進能、山王法楽能、御三卿清水家、毛利家、津軽家などでの催しを書き留めた大部な能番組の記録。大半が鷺伝右衛門派の狂言師・名女川家の七代六右衛門、八代辰三郎の筆写になるらしい。江戸城での番組は『触流し御能組』等と大半が重なるが、狂言の役付は本書のほうが遥かに詳細で、全ての配役についての記載がある点が貴重。また、御三卿清水家における催し、吉見家での月次狂言会などは、本番組によってはじめてその具体的な様相が明らかになる。
    1. 両御丸御能御囃子御番組 (74)
    2. 清水家・毛利家・津軽家番組 (38)
    3. 御本丸御能番組 壱 (50)
    4. 御本丸御能番組 弐 (25)
    5. 御本丸・西御丸御用番組 (15)
    6. 御本丸大御奥御番組 (12)
    7. 文化十三年観世大夫勧進能番組 (18)
    8. 山王法楽能・観世大夫勧進能番組 (22)
    9. 御屋敷方御番組 (30)
    10. 吉見邸狂言番組 (45)
    11. 名女川・鷺主催狂言番組 (9)
    12. 徳川家定前髪執祝儀能・疱瘡平癒祈願能番組 (7)
 

<分類一覧へ戻る