<分類一覧へ戻る

6.狂言

 ・ 以下の各資料のリンクから詳細画像をご覧いただけます。

 ・ 表題あるいはリンクの括弧( )内は資料数あるいは資料内の画像数を表示しています。

  • 天正狂言本  (109)
    画像
    • 分類: 狂言
    • 所蔵: 能楽研究所蔵
    • 解題: 162×211ミリの袋綴横本。現存する最古の狂言台本。天正六年の奥書あり。室町期の演出を伝える貴重な資料。

    (以下は、各ページに翻字と釈文の比較表示のリンクが付いています。この表示には、Flash Player が必要です。)

    1. 天正狂言本  (109)  [翻字・釈文 付]
  • 大蔵虎清「しきさんばんあいきやうげん」  (1)
    画像
    • 分類: 狂言
    • 所蔵: 法政大学鴻山文庫蔵
    • 解題: 紙高173ミリの巻子本。安田文庫旧蔵。大蔵虎清が次子の清虎に相伝した式三番と狂言・間狂言の大事を記したもの。署名は虎清の自筆で、その筆跡には病気のための震えが見られる。本文は清虎筆。
  • 寛永・正保年間「大蔵虎清・虎明文書」  (1)
    画像
    • 分類: 狂言
    • 所蔵: 法政大学鴻山文庫蔵
    • 解題: 紙高291ミリの巻子本。安田文庫旧蔵。大蔵虎清が次子の清虎に与えた文書六通を一巻に仕立てたもの。相続や伝授に関わる内容で、狂言史の資料として貴重。虎清自筆の文書の筆跡には筆の震えが顕著で、病中の筆であることが窺える。
 

<分類一覧へ戻る