<分類一覧へ戻る

4.付

 ・ 以下の各資料のリンクから詳細画像をご覧いただけます。(Flash Player 8 以上が必要です。)

 ・ 表題あるいはリンクの括弧( )内は資料数あるいは資料内の画像数を表示しています。

  • 細川十部伝書 妙佐本慶長型付 (52)
    • 分類: 型付
    • 所蔵: 法政大学鴻山文庫蔵
    • 解題: 室町末期の観世流型付。番外曲を多く含み、古態を伝えているのが特色。慶長三年に妙佐本を写した本の転写本。
  • 細川十部伝書 元亀慶長能見聞 (35)
    画像
    • 分類: 型付
    • 所蔵: 法政大学鴻山文庫蔵
    • 解題: 足利義輝に仕えた飯河治部少輔秋共(一両斎妙佐)の、元亀から天正・文禄を経て慶長二年までの演能見聞記。妙菴玄又が慶長三年に写した本の転写本。
  • 少進聞書  (48)
    画像
    • 分類: 型付
    • 所蔵: 能楽研究所蔵
    • 解題: 帖装。観世与左衛門国広・金春岌蓮・大蔵道知・一噌・牛尾らからの聞き書き。少進自筆と推定される。
  • 岌蓮江問日記  (53)
    画像
    • 分類: 型付
    • 所蔵: 能楽研究所蔵
    • 解題: 袋綴大本。下間少進が、天正十年に師の金春岌蓮(八郎喜勝)に習ったことを書き留めたもの。少進自筆と推定される。
  • 少進能傳書 (2)
    画像
    • 分類: 型付
    • 所蔵: 能楽研究所蔵
    • 解題: 帖装半紙本。五十三番からなる金春流の型付で、『童舞抄』より先の成立と考えられる。少進自筆と推定される。
    1.  (77)
    2.  (42)
  • 童舞抄 (3)
    • 分類: 型付
    • 所蔵: 法政大学鴻山文庫蔵
    • 解題:  慶長元年(1596)下間少進奥書の金春流能型付。 全七十曲所収。 下間少進(1551-1616)は本願寺の坊官であったが、金春大夫喜勝から大事の伝授を受け、 慶長年間前後には本業の能役者を凌ぐほどの活動をし、ほかにも『舞台之図』『叢伝抄』などの伝書を残した。 本書は下間家伝来本で、少進自筆本と推定される。 三帖。 275×194ミリ。
    1. 童舞抄 上  (80)
    2. 童舞抄 中  (80)
    3. 童舞抄 下  (80)
  • 舞台之図  (29)
    • 分類: 作り物付
    • 所蔵: 法政大学鴻山文庫蔵
    • 解題:  下間少進(1551-1616)による金春流の作リ物付。40種の作リ物について形状や置き所を図辞する。下間家伝来本。275×194ミリ。 『童舞抄(上・中・下)』3冊、『叢伝抄』1冊と一括して黒漆塗りの木箱入り。下間少進については『童舞抄』参照。
  • 翁之習・型付  (35)
    画像
    • 分類: 型付
    • 所蔵: 能楽研究所蔵
    • 解題: 仙台藩五代藩主・伊達吉村の筆になる〈翁〉の習いと詞章、型を記した書。翁飾りの決まりや秘伝の印の結び方にも言及するなど、詳細な内容。伊達吉村は他にも〈道成寺〉〈関寺小町〉といった秘曲の詳細な型付を残している。伊達家旧蔵。
  • 能之秘書  (291)
    画像
    • 分類: 型付
    • 所蔵: 能楽研究所蔵
    • 解題: 全百十六曲を収める脇の型付。流儀は不明ながら、〈葵上〉の祈りで小袖を奪おうとするシテを後ろから打つ型を記すなど、古態の演出を伝え、書体からも慶長頃の写本と推定される。大阪の豪商で、金剛流の後援者として著名な平瀬露香の旧蔵。露香の没後、未亡人が売りに出したのを、フランク・ホーレイが買い求めたもの。
  • 萬能鏡 (2)
    画像
    • 分類: 型付
    • 所蔵: 能楽研究所蔵
    • 解題: 金春流大蔵家の型付。延宝六年の奥書に、大蔵庄左衛門経寿(のち経喜)が祖父・大蔵休岸から相伝された型を記した書物である由を記す。序文と、能組についての覚書に続いて、曲ごとの演出に関する記事を記す。一曲まるごとの型付ではないが、当代と昔の型の違いや、観世と金春の演出の違いについての言及が随所にあり、演出資料として有用。伊達家旧蔵。
    1.  (92)
    2.  (81)
 

<分類一覧へ戻る